どういった事をする仕事なのか

老人と介護士

介護保険制度が始まって20年が経過しましたが、様々な変更や追加が行われ今日に至ります。多くの企業や職種が参入しており、介護保険制度の中では多職種が活躍しています。その保険制度の要と呼ばれているのがケアマネージャーです。仕事内容は介護が必要な方やその家族の相談対応や、生活の安定や課題克服に必要なサービスの調整及び各種専門職との連携調整を行います。さらに地域社会との連携や保険を活用できる様に各種事務手続きを行う事が仕事になります。非常に細かな仕事内容ですが、一つ一つの量は多くはなく効率的に仕事をこなせる人材が求められています。超高齢化社会である現代において、介護サービスの調整や相談できる存在として需要は高く、求人数も正社員・パート合わせて非常に多い職業です。

働く場所はどういった所なのか

女性

ケアマネージャーは介護保険のプロフェッショナルなので、保険制度に関わる職場で働く事になります。大きく分けて働く場所は居宅介護支援事業所と呼ばれる事業所か、施設の中のケアマネージャーかの2つになります。居宅介護支援事業所は、家で生活する方を支える仕事であり、課題や要望に対して対応できる専門職やサービス事業所と相談者を繋げる役割を担います。施設のケアマネージャーは老人福祉施設等で働く存在で、入居者のケアプラン作成を行います。施設で働く場合は施設内にあるサービスで完結するので、居宅事業所の様に外部のサービス事業所とやり取りする事はありません。その仕事内容も働く施設によって異なり、直接介護を行ったりデイサービスの送迎を行ったりと言った兼務する場合が多いです。求人欄にも仕事内容が書かれていますので確認は重要です。

居宅と施設の違いや手当

食事

仕事場所を探す場合はどの業種も同じで、自身が働きたい形態や場所である事です。また当然の事ながら給料や時給、各種手当で選択する事になります。ケアマネージャーが働ける場所は居宅介護支援事業所なら仕事内容はどこも同じですが、施設ケアマネは場所によって給料が同水準でも内容が大きく異なる事が多いです。施設の場合は本業である介護支援専門員業務自体は居宅よりも少ないですが、対象人数は入居者全てである場合もあり担当数は多い傾向にあります。それでも外部サービスの調整はほぼなく、施設サービスで完結するので書類など事務の仕事自体は楽な傾向にあります。ただ確認しておくべき事はそれ以外の仕事内容であり、施設ケアマネの大半は他の業務と兼務です。反面現場から完全に離れない事もあり、求人数は少ないですが人気でもあります。デイサービスの送迎手当や夜勤・宿直手当と言った、居宅では多くない手当を受けられる機会も多いです。その為給料も居宅より多い傾向にあります。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中